期間からFXを比較する取引の投資手法

FX取引をはじめとする投資形態には大きく、ロング、ミドル、ショートというスパンがあります。単純に投資の期間でFXの比較をした場合、スキャルピング、デイトレード、スイングトレードの順に1件あたりの投資のスパンが長くなっていきます。

スキャルピングは最もスパンの短い投資手法であり、通貨の値動きを毎分、あるいは舞秒単位で見きわめ、1円でも利益が出た時点で売りのオーダーを出す、というのが基本パターンになります。デイトレードはアマチュア投資家の間でも比較的なじみのあるパターンで、1日単位で取引を完結させ、その日のうちに損益を確定させていく手法がとられます。最もスパンを長くとるのがスイングトレードです。スイングトレードでは最短でも数カ月、長ければ半年以上の期間で取引を行い、トータルの収支をプラスにすることを目標にします。

3つの投資パターンはそれぞれにメリットとデメリットがあり、また、タイミングによってもどのパターンが利益を生み出しやすいかが変わってきます。短いスパンで利益を確定させたほうがわかりやすいという方にはスキャルピングやデイトレーディングが向いていると言えますし、腰を据えてトレードを繰り返したいという方にとってはスイングトレードのほうがなじみやすいかもしれません。より具体的なFX投資手法については比較して検討しましょう。